TOPお知らせ小鹿田焼・窯元に弟子入り

おんた家からのお知らせ

小鹿田焼・窯元に弟子入り

2011年02月28日

小鹿田焼専門店おんた家をご覧いただきありがとうございます。

 

【小鹿田焼・窯元に弟子入り】

 日田市の代表的な伝統工芸、小鹿田(お・ん・た)焼は、素朴な生活雑器の中に独特の味わいがある。その魅力を生み出しているのが、飛び鉋(かんな)の模様だ。細かい溝が連なる独特の模様は、どうやって作られているのだろう。窯元の坂本茂木(しげ・き)さん(72)に弟子入りして、秘密を探ってみた。(園田裕道)

 坂本さんに用意してもらったのは、直径25・5センチの皿6枚。焼き上がると、21~22センチに縮むそうだ。ほどよく乾き、ほどよく硬い。土の硬さによって模様のつき方が変わるから、適度な乾き具合を見分けるのも職人技の一つだ。

 飛び鉋の技法は、福岡県の小石原焼から伝えられたという。坂本さんの窯では、柱時計のゼンマイを再利用して、鉋に使っていた。長さ約23センチ、幅約2センチ。弾力があり、使いやすいように緩い「S」字状に曲げてある。

 ろくろを回しながら「S」字の先端を皿の表面に当てる。ゼンマイは皿を引っかくようにして溝を刻み、少し跳ね上がって、その隣にまた溝を刻む。こうして、等間隔に溝が並ぶ、飛び鉋独特の模様が刻まれていく。

 いきなり本番は気が引けたたが、思い切って1枚目の皿を、ろくろ面の中央に置いた。真ん中に置いたつもりが、ろくろを回すと、ずれているのが分かる。見かねた坂本さんが微調整してくれた。

 蹴(け)ろくろを蹴りながら、両手で持った鉋を皿の中央部に置いてみる。鉋の動きに気をとられると、蹴りがおろそかになってしまう。

 皿1枚の模様を刻むのに、時間はわずかしかかからなかったが、納得ゆく出来栄え、とはいかない。鉋の先を皿面に直角に当てないと、溝ではなく点線状の模様になってしまうのだ。1枚目は練習台にすることに決め、何度も何度も鉋を置いてみる。

 練習を積むと、鉋を当てる強さや角度など、こつがつかめてきた。2枚目、3枚目と、一気に6枚目まで仕上げた。作業場には、平日でも見物客が絶えない。60代くらいの外国人の男性が、じっと私の手の動きに注目していたのが、少し気恥ずかしかった。

 6枚は、4月半ばの窯入れで、商品とともに焼いてもらった。窯出しの5月7日。「どういう具合に仕上がっているだろう」。はやる心を抑えながら、窯に向かった。

 坂本さんが、見覚えのある皿6枚を窯から出した。窯割れせずにすんだようだ。飴色(あめ・いろ)と透明の釉薬(うわ・ぐすり)をかけたという。だが、模様にムラがありすぎる。坂本さんは「個性的でおもしろい」とほめてくれたが、素人臭さは否めない。

 何度も鉋を乗せた練習台の皿は、飴色の釉薬がのりすぎて、小鹿田焼とはまったく別の皿のようだ。

 唐臼(から・うす)での粘土作りから、ろくろ、窯入れ、焼き、窯開きまでの一連の作業のうち、体験したのはほんの一部だ。体験の後、小鹿田焼を目にするたびに、模様が気になって仕方ない。もし、もう一度同じ体験ができるなら、もう少しうまくやりたい、と思う。

2009年05月13日 『アサヒ・コム』より抜粋


===飛びかんなの商品===

4寸中深皿

6寸鉢

3合壺(白とびかんな)

▲お知らせ一覧に戻る▲

TOPお知らせ小鹿田焼・窯元に弟子入り

  • おんた家カード決済対応!
  • ショッピングカート
  • おんた家商品は全て税込表記!

  • おんた家の選べる贈答梱包
  • もれなくついてくる!ご購入の皆様にプレゼント!
  • おんた家公式Facebookページ
  • おんた家公式インスタグラムページ

ご利用ガイド

  • おんた家からのご挨拶
  • 小鹿田焼 メディア情報
  • お客様ギャラリー

受注・発送・お問い合わせの対応について受注・発送・お問い合わせの対応について

受注・発送について

平日13時までのご注文で当日発送!

⇒詳細はこちら

対応について

10:00 ~ 17:30 (土日祝除く)

2018年8月
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 1

 定休日

土日祝日はご質問への対応や発送などの業務を、休ませて頂いております。

土日祝日に頂いたお問い合わせの対応は翌営業日にさせて頂きます。

掲載商品・ご注文・発送に関する
お問い合わせはコチラからお願いします。